2005年03月30日

オープンゲート、PSPで再生可能なPDAシネマコンテンツ第3弾をリリース


オープンゲート(株)は、PSPでも動作するメモリースティックビデオ対応のPDAシネマコンテンツとして「deadtrack 廃路線 (吉松幸四郎監督)」を4月7日より発売する。ダウンロード価格は294円(税込)。

「deadtrack 廃路線」は、「左耳の精霊」「神舞の島」「瑠璃」「chocolate fish」などの作品を手掛けた監督、 吉松幸四郎氏の最新作で20分のショートムービーだ。

PDAシネマコンテンツは、メモリースティックビデオ形式の動画コンテンツ。メモリースティックDuoに記録することで、 PSPでも再生することが可能だ。

オープンゲート

posted by PSP萌え at 11:43| Comment(20) | TrackBack(14) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

300万円以上!1ポンドの24金で作られたPSP用カバーが登場



Simmons Jewelry社は、1ポンドの24金を利用した、ソニーの携帯ゲーム機「PSP」用のアクセサリージャケットを制作した。 8からっとのイエロー、ブラックのダイヤモンドも使われており、その金額は$35,000とされ、 日本円にして300万円を超えるものとなっている。

ハリウッドのショーでデビューしたこのアクセサリーだが、ハリウッドを中心にトップモデルや女優などの間で、 このようなPSP用のアクセサリーが流行しているとしている。


■Factio Magazine(英語)
http://factio-magazine.com/specialfeatures/des__SimmonsJewelryAccessoriesPSP.htm

posted by PSP萌え at 15:18| Comment(17) | TrackBack(19) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

PSP でも電子書籍を楽しめる――ボイジャーが「T-Time」「azur」の最新バージョンを発表

こんなの待ってました!!

ボイジャーは、同社が提供する電子本ビュワー「T-Time」と縦書きインターネットブラウザ「azur」 の最新バージョンである「T-Time v5.5」「azur v1.5」を、4 月 15 日より発売することを明らかにした。 プログラムはダウンロード形式で提供され、ライセンスキーを購入する形となる。ライセンスキーの価格は、T-Time が 1,050 円 (税込)、azur が 2,100 円(税込)。現在、同社サイトでは、書き出しページ数制限付きの「T-Time 5.5 ベータ版」 が公開されている。

新バージョンの特徴は、両ソフト共、ソフト上で表示している電子出版物などのコンテンツを、「iPod Photo」や携帯ゲーム機 「プレイステーション・ポータブル」(以下、PSP)、デジタルカメラ、携帯電話など、 液晶ディスプレイを有するデバイスで閲覧可能なファイル形式に書き出せることだ。現在確認済みの液晶デバイスは 21 デバイスだが、 このほかにも PDA や QVGA 液晶を有するデバイスでの表示が確認されているとのことだ。

T-Time / azur は、テキスト / HTML / ドットブック / TTZ(ドットブックと TTZ はボイジャーが独自開発した電子書籍フォーマット)という四つのファイル形式に対応しており、書き出し機能によってこれらのファイルを、 文字サイズや背景画像など、対象となる液晶デバイスに最適な形で調整し、連番の JPEG ファイルとして書き出すことになる (ファイルの書き出しは直接メディアに行うことも可能)。また、書き出しの際には、画像化だけでなく、 デバイスに合わせたシーケンスファイルの作成なども行われる。

プレス向けに開催された発表会の壇上で、ボイジャーの代表取締役社長・萩野正昭氏は「これまで多くの電子出版が消えていったが、 それはデバイスに合わせて作っていたためであり、デバイスに本を合わせるのではなく、本にデバイスを合わせるようにできないかと考えていた。 液晶ディスプレイを持つデバイスには画像の送り・戻しなどの共通項があり、この考えを実現できるのではないかと思った」 と今回の書き出し機能搭載に至った経緯について語っている。

発表会会場では、実際にさまざまな液晶デバイスに電子書籍を書き出したものが用意されていたのだが、印象的だったのは、やはり PSP と iPod Photo 。PSP は数あるデバイスの中でも最も液晶が明るく、美しい。ページの送り・戻しは LR ボタンで行えるのだが、縦組み表示で左手に持った場合、小指でページ送りができるため、非常に快適だった。 読書端末とは全く想定していなったので、これは意外だった。一方の iPod Photo は、解像度や液晶サイズ的には物足りないが、 クリックホイールを使ってクルクルとページ送りをしていくのが気持ちいい。連続した画像をホイールをまわして高速に表示することで、 動画のように楽しむことも可能だった。

すでに電子書籍に関しては、PDA や携帯など、さまざまな端末で専用ビューワが提供されているが、今回の T-Time / azur の書き出し機能は、そのすそ野を一気に広げてくれるものだ。世間での認知度に関してはまだ高いとは言えない電子書籍。今回の T-Time / azur のようなツールの登場によって、より幅広い層、より多くのユーザーに広まっていくことを期待したい。

ボイジャー

posted by PSP萌え at 15:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPのシステムソフトウェアがバージョン1.50にアップデート



株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、PSPの新ファームウェアとなる、 バージョン1.50のアップデートファイルを公開した。ダウンロードおよび利用料金は無料。

 このファームウェアのアップデートを行なうと、メモリースティック DUOに保存された動画や音楽データの再生時にスリープモードへ移行し、復帰した際に、続きから再生できるようになる。他にも、 別の動画を再生した際に画面モードの設定が解除されなくなる、 音楽データや画像ファイルのファイル名およびフォルダ名にアクセント付きアルファベットが使用可能になるなど、 AV関連の機能向上が図られている。

 アップデートファイルは、PSPのホームページで公開されている。容量は約14MB。 既にファームウェアがVer.1.50になっている場合はアップデートの必要はない。ファームウェアのバージョンは、PSPのメニューから、 「設定」→「本体設定」→「本体情報」→「システムソフトウェアのバージョン」と選択することで確認できる。

 今回公開されたアップデートの利用方法は、PSP本体のネットワークアップデート機能を用いるか、 PCでダウンロードしたファイルをメモリースティック DUOに保存してPSPで起動するかという2つの方法がある。 また4月以降に発売されるPSP用ゲームソフトには、このアップデートプログラムが収録される予定。 この場合はUMDからデータを読み込むため、ネットワークからのダウンロードは発生しない。

□プレイステーションのホームページ
http://www.playstation.jp/
□PSPのページ
http://www.playstation.jp/psp/
□アップデート情報のページ
http://www.playstation.jp/psp/update/ud_01.html#v15

posted by PSP萌え at 15:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPをパワーアップ レンズ付きケース「モニターブースト」登場



ソニー・コンピュータエンタテインメント社のプレイステーション・ポータブル(PSP)をパワーアップさせる“新アイテム” が近く産経新聞社から発売される。新たなアイテムはPSP本体を保護するプロテクター機能と、PSPの画面を約1. 5倍に拡大するレンズが合体したレンズ付きケース「モニターブースト」。

 PSPの特徴はどこでもゲームが楽しめるだけでなく、モバイル感覚で映画も見られるところだが、モニターブーストを使えば、 映画の字幕などの文字情報が見やすくなる。迫力ある映像も再現されることになる。

予定価格は1万7850円(税込み)。発売予定は6月で、4月1日に先行予約がスタートする。詳細情報、先行予約受付はhttp://www.q-coro.info/で。 問い合わせは産経新聞東京本社総合企画室TEL03・3275・8960(月−金曜の午前10−午後6時)。

posted by PSP萌え at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP『首都高バトル』予約購入特典としてクリーナー付きタイヤ型ストラップをプレゼント!

元気は、2005年4月21日に発売予定のPSP『首都高バトル』の予約購入キャンペーンを実施する。

 『首都高バトル』は、夜の首都高を舞台に、チューニングカーを駆る“走り屋”たちと熱いバトルを繰り広げるバトルレーシングゲーム。 通常のレースゲームとは異なり、ドライバーの精神力を数値化した“SP (スピリットポイント)”を削りあう独特なゲームシステムである “SP バトル”を採用。さらに本作では、従来の“1 VS 1”のバトルに加え、最大“5 vs 5”の勝ち抜きで行われる “チームバトル”を追加。プレイヤーは“首都高”を全15エリアに分割支配しているチームに所属し、敵対チームにバトルを仕掛け、 支配エリアを制圧しながら全エリアの完全制覇を目指す。

今回実施される予約購入キャンペーンでは、PSP『首都高バトル』を予約もしくは購入した人に“『首都高バトル』オリジナル“のび〜る” タイヤ型液晶クリーナー”をプレゼント。
 このオリジナルクリーナーは、『首都高バトル』ロゴ型ホイールのタイヤ型マスコットにクリーナーが付いた液晶クリーナー。さらに、 PSPなどの大きな液晶を拭くときに便利な機能として、ストラップ紐が伸び縮みする機構を採用(ロック機能付)。さらに、 ストラップ紐を引く際には、ホイール内に見えるブレーキディスクが回転するギミックも! “走り屋”の魂を刺激するこのアイテム、 キミのPSPにセットして他の“走り屋”たちにその存在をアピールしてみてはいかがかな?

posted by PSP萌え at 15:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPとPS2のソフトモニター約1,000名を募集中

SCEは、同社が発売するPSP用ソフトおよびPS2用ソフトのモニター約1,000名を募集している。

 ソフトモニターは、半年に2〜3回程度、青山一丁目駅付近のモニター会場に足を運んでサンプルソフトをプレイし、 アンケートの回答と感想を記入したり、タイトルへの意見を述べてもらうというもの。 1タイトルを約3時間プレイした場合は謝礼金2,500円、1タイトルを続けて約6時間プレイした際には謝礼金5,000円が渡される。

 応募資格は、東京近郊に在住する小学4年生以上、30歳以下の男女(ただし、20歳未満の人は保護者の同意が必要)で、 高校生以上はPC用メールアドレスを保有していることが条件。モニター募集への応募は、 PlayStation.jpサイト上の専用フォームで受付中なので、希望する人は詳細をよく読んで申し込んでおこう。 応募期間は3月28日17:00まで。モニター採用者は4月下旬までに決定され、本人に書面で連絡されるとのことだ。

■関連サイト
“PSP”、“PS2”ソフトモニター募集 詳細ページ
PlayStation.jp
SCE

 

posted by PSP萌え at 15:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動画をPSP向けにメモリースティックへダビングできる新型PSX2モデル


ソニーは、HDD搭載DVDレコーダ「PSX」 に、保存ファイルをメモリースティックへダビングできる機能を追加した後継機種2モデルを4月15日より発売する。オープンプライスで、 メーカー参考価格はHDD容量が250GBの「DESR-7700」が80,000円前後、160GBの「DESR-5700」 が60,000円前後となる見込み。

 今回発表された2機種は、新たに内蔵HDDに保存した映像ファイルをメモリースティックにダビングする機能が追加された。 ダビング機能では、自動で映像ファイルをメモリースティックビデオ形式(映像がMPEG-4、音声がAAC) にエンコードしメモリースティックに保存、メモリースティックに保存した映像ファイルはプレイステーション・ポータブル(PSP) などで視聴できる。なお、ダビングはHDDに保存された映像ファイルのみ可能で、HDDとメモリースティックへの同時録画は非対応だが、 HDDへの録画中に別の映像ファイルをエンコードすることは可能。また、 エンコードした映像ファイルはPSXへの保存やPSXでの再生ができない。

対応するメモリースティックは、 メモリースティック/メモリースティックPRO/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオで、 メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオは別売りのアダプタが必要となる。 エンコード帯域は768kbpsと384kbpsが選択可能で、エンコード時間は768kbpsで実時間の約5倍、 384kbpsで約4倍となる。録画可能時間は、512MBのメモリースティックの場合で768kbpsが約60分、 384kbpsが約110分。

 今回追加されたメモリースティックへのダビング機能は、従来機種の「DESR-7500」および「DESR-5500」 ではアップデートで機能追加が可能だという。アップデートの開始時期などの詳細は未定。また、「DESR-7100」および 「DESR-5100」以前の機種ではハードウェアの問題により対応が難しいため検討中としている。

 このほかの機能面では、DESR-7500およびDESR-5500の機能を踏襲しており、HDDに保存した映像・ 音楽ファイルなどを編集できるアプリケーション「x-アプリ」を搭載。キーワード設定機能や学習機能を持つテレビ番組の自動録画機能 「x-おまかせ・まる録」、画像ファイルに音声やエフェクトを付加できる編集機能「x-Pict Story」、 楽曲ファイルの自動再生機能「x-DJ」といった機能をサポートする。また、 コピーワンスコンテンツをDVD-RWへ書き込めるムーブ機能や、DESR-7700のみだがデジタルビデオカメラの映像をダビング・ 保存できる「おまかせDVダビング」機能を搭載する。

 ハードウェア面では、記録メディアはDVD±R/DVD±RWを、再生メディアはDVD-VIDEO/DVD-R/DVD±RW、 音楽CD、メモリースティックをサポート。PlayStationやPlayStation 2のゲームも利用できる。 ネットワーク機能では、10BASE-TX/100BASEーTX×1ポートを搭載し、 ソフトウェアのアップグレードやネットワークゲームにも対応する。また、DESR-7700のみゴーストリダクションチューナー(GRT)、 BSアナログチューナー、DV入力端子を装備する。本体サイズは両機種とも312×323×95mm(幅×奥行×高)で、 重量はDESR-7700が約6.5kg、DESR-5700が約6.2kgとなる。

posted by PSP萌え at 15:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

ロジテック、PSP向けの周辺機器を投入

PSP用ハードケース「PlayGear Pocket case」


ロジテックは「PlayGear Pocket case」、イヤフォン「PlayGear Stealth earphones」、音声スプリッタ「PlayGear Share audio splitter」などを発表。 予想価格は19.99ドル、19.99ドル、9.99ドル。いずれも出荷は4月の予定。

 なお、気になる国内での出荷予定だが、日本法人であるロジクールの関係者によれば、現在のところ何も決まっていないとのことだった。 いずれもローカライズが必要のない製品であり、日本市場でも早期の投入を期待したいところだ。

posted by PSP萌え at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPとNDS、満足度はNDSユーザーが高い

ソース元のニュース

C-NEWSと日経産業新聞は3月11日、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」(NDS)とソニー・ コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション・ポータブル」(PSP)に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は、 「ネット1000人調査」として、家庭用ゲーム機を所有している10〜59歳のインターネットユーザー1000人を対象に実施された。

 これによると、NDSをすでに購入した人は全体の7.5%。一方、PSPは6.5%だった。年代別で見ると、両ゲーム機とも、 10代の購入者がもっとも多い。

 満足度は、NDSユーザーの64.0%が「大いに満足/やや満足」と回答。これに対して、PSPユーザーは56.9% とやや少なかった。「やや不満/大いに不満」とした人の理由では、NDSが「遊びたいソフトが少ない」、PSPは「(シリーズものが多く) 純粋な新作ソフトが少ない」などが見られた。

 利用する場所は、いずれのユーザーも、「自分の部屋」と答えた人がもっとも多く、次いで「自宅の居間・リビング」 という結果になった。

 次に、購入していない人を対象に購入意欲をたずねたところ、NDSを「ぜひ欲しい/できれば欲しい」と答えたのは27.3%、 PSPでは48.6%となった。男女別で結果を見ると、PSPでは差がないのに対して、NDSを「欲しい」と答えた割合は、女性32.7%、 男性22.0%と、女性の支持が多かった。

 欲しい理由としては、NDSではタッチパネル機能に期待する意見が多かったのに対して、PSPは「画面がきれい」 などが挙げられている。

posted by PSP萌え at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP用「ポータブルポーチ」に2種類の新色が登場

写真

ホリは、携帯ゲーム機「PSP」専用キャリングポーチ「ポータブルポーチ」の新色「ライムグリーン」および「ホットレッド」 を本日3月10日より販売する。価格は714円(税込)。

 この「ポータブルポーチ」は、「PSP」を安全に持ち運ぶための低価格なキャリングポーチで、内側には「メモリーカードDUO」 を2枚収納できるポケットを用意。これまでに一般店舗販売商品として「チャコールブラック」、「ホワイトシルバー」、「シトラスオレンジ」 の3種類のカラーが発売されている。

「ポータブルポーチ ライムグリーン/ホットレッド」
■メーカー:ホリ
■対応機種:PSP
■発売日:発売中(2005年3月10日)
■価格:714円(税込)
※「HORI STORE.com」のみの限定販売


■関連サイト
「HORI STORE.com」
ホリ

 

posted by PSP萌え at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

ソニー、PSPへのコンテンツダウンロードサービス実施へ

カリフォルニア州サンマテオ発--ソニーは米国時間7日、PlayStation Portable(PSP)のユーザーが同携帯端末を使って同社のデジタル音楽サービスに接続できるようにすることを正式に認めた。

 Sony Pictures副会長のYair Landauは、iHollywood Digital Living Roomフォーラムで講演し、ソニーがPSPと自社のエンターテイメントダウンロードサービスConnectとを同期させるソフトウェアを投入することを明らかにした。同社はさらに、PCやMacとPSPをリンクするソフトウェアも1年以内にリリースする、と同氏は述べた。

 PSPは大方からはゲームプレイヤーととらえられているが、ソニーではこのデバイスが幅広い用途をこなす携帯端末になると考えている。PSPは、日本で昨年12月に発売され、米国でも3月24日に発売される見通しとなっている。同社によると、PSPはビデオ鑑賞や音楽再生、内蔵のWiFi接続機能を使ったインターネットへの接続にも使われるようになるという。

 「PSPは初めてのエンターテインメント用スイスアーミーナイフだ」(Landau)

 しかし、多くのソニー製品同様にPSPも互換性に乏しい。たとえば、PSPで映画を鑑賞するにしても、ソニーが新たに出したUniversal Media Disc(UMD)光メディアフォーマットでリリースされるタイトルの数は限られる。なお、北米で発売されるPSPの第一弾にはSony Pictures作品「スパイダーマン2」のUMD版がバンドルされることになっている。

 ソニーは昨年、市場の圧力に屈し、自社のデジタル音楽プレイヤーでMP3ファイルを新たにサポートした。自社製品と共通標準との互換性改善に向けたソニーの取り組みは、このときから始まった。6日にソニーのCEOに指名されたHoward Stringerは、1月に行われたインタビューのなかで、同社は幅広いコンテンツと互換性のある製品を作りたい、と語っていた。

 同様に、Landauはソニーがメモリースティックに依存していることについても苦言を呈した。メモリースティックは、ソニーが発明し、中心になって売り込んでいるフラッシュメモリカードフォーマット。PSPは、ゲームデータの保存やPCとのコンテンツのやりとりにメモリースティックを利用している。

 Landauは「メモリースティックは途方もなく値段が高い」とし、ソニーがこれを「もっと競争力のある価格」にすることを期待すると付け加えた。

 Landauはさらに、ハリウッドの映画会社が全般的にはデバイス間でのコンテンツのやりとり実現に協力的になりつつある、とも述べている。

 同氏は、今後1〜1年半のうちに「とても簡単に携帯端末でビデオを観られるようになる」とし、当初はUMDディスク、リムーバブルメモリ、もしくはハードディスクへのダウンロードという経路でコンテンツを配信することになるとした。
posted by PSP萌え at 18:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カプコンの“UMD Video”参入第1弾は映画版「バイオハザード」!

写真

カプコンは、SCEの携帯ゲーム機PSPに対応する映像ソフト“UMD Video”の第1弾ソフトとして、映画版「バイオハザード」 を4月13日に発売する。価格は2,990円(税込)。

 映画版「バイオハザード」は、カプコンの人気ホラーアクションゲーム『バイオハザード』を原作として制作され、 2002年に公開されたアクションムービー。人気女優のミラ・ジョボビッチさんが主演に起用されており、2004年には続編となる 「バイオハザードII アポカリプス」が公開された。なお、「バイオハザードII アポカリプス」はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントから“UMD Video”として同日に発売される予定。
 カプコンでは、この映画版「バイオハザード」を皮切りに今後も自社コンテンツ映像作品の“UMD Video”を発売していくとのことだ。

■関連サイト
カプコン ニュースリリース
カプコン



「バイオハザード」
■メーカー:カプコン
■対応機種:PSP(“UMD Video”)
■発売日:2005年4月13日
■価格:2,990円(税込)

「バイオハザードII アポカリプス」
■メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
■対応機種:PSP(“UMD Video”)
■発売日:2005年4月13日
■価格:3,990円(税込)

 

posted by PSP萌え at 10:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島美嘉らPSP対応映像ソフト発売

ソニー・コンピュータエンタテインメントは3日、携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」に対応する映画や音楽・ 映像ソフトの第1弾を、グループ各社が4月13日に発売すると発表した。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは「スパイダーマン2」 など3作品を3990円で、ソニー・ミュージックエンタテインメントは中島美嘉さんらの作品を2415−4935円で販売する。

[NAKASHIMA MIKA] -Lotus web site-
中島美嘉オフィシャルファンクラブサイト.

posted by PSP萌え at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP『テイルズ オブ エターニア』発売記念壁紙をダウンロードしよう


ナムコはPSP『テイルズ オブ エターニア』の3月3日発売を記念して、「テイルズチャンネル」 でデスクトップ壁紙のダウンロードサービスをスタート。同タイトルは奥深い物語とアクション性の高い戦闘が特徴なRPGのPSP版だ。
壁紙の絵柄は、キャラクターデザインを担当した、いのまたむつみ氏によるキャラクターイラストで4種類が用意されている。 シリーズファンは好みの壁紙をダウンロードしてデスクトップを飾ってみよう。

http://namco-ch.net/taleschannel/

posted by PSP萌え at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP用ビデオソフト「UMDビデオ」に27社が参入表明

株式会社ソニー・ コンピュータエンタテインメント(SCEI)は、携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」用のビデオソフト 「UMDビデオ」に国内コンテンツメーカー27社が賛同し、4月より発売を開始することを明らかにした。

 

 UMD Video(UMDビデオ)は、PSP用に新開発された60mm径光ディスク「UMD」を利用したビデオパッケージソフト。 ビデオ用のUMD VIDEOと音楽用のUMD MUSICを定義している。記録容量は1.8GBで、ディスク固有IDや128bit AES暗号の採用などにより、著作権保護対策を施している。

 

 今回参入表明した27社には、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)、ソニー・ ミュージックエンタテインメント(SME)などのソニーグループ系メーカーのほか、アスミック・エース、バンダイビジュアル、 東北新社などのビデオソフト関連メーカー、さらにスクウェア・エニックスやコーエーといったゲーム関連メーカーも含まれている。 SPEとSMEは、4月13日にUMDビデオソフトを発売する。

【参入コンテンツメーカー】

  • 株式会社アクアプラス
  • アスミック・エース エンタテインメント株式会社
  • 株式会社アニプレックス
  • 株式会社エンターブレイン
  • 株式会社カプコン
  • 株式会社コーエー
  • 有限会社サイデラ・パラディソ
  • 株式会社JSDSS(ジーダス)
  • 株式会社GDH
  • 株式会社 小学館プロダクション
  • 株式会社スクウェア・エニックス
  • 株式会社スパイク
  • 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 株式会社デジタル・メディア・ラボ
  • 株式会社 東北新社
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社トミー
  • 日活株式会社
  • 株式会社ハドソン
  • 株式会社ハピネット
  • 株式会社バンダイ
  • バンダイビジュアル株式会社
  • 株式会社ポニーキャニオン
  • 株式会社 マーベラスエンターテイメント
  • 株式会社メディアワークス
posted by PSP萌え at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

PSP初期出荷ロットを100万台に


米Sony Computer Entertainment America(SCEA)は、 3月24日に北米地域で発売するPSP(プレイステーションポータブル)の初期出荷台数を100万台と発表した。 3月末日での全世界での総合出荷台数は300万台を見込んでいるという。

 北米版では、ヘッドフォン、リモコン、メモリースティックDUO、ソフトケース、ストラップ、クリーニングクロスが同梱された 「PSP Value Pack」のみが249.99ドルで発売され、PSPタイトルのデモディスクに加え、初回出荷100万台には 「スパイダーマン2」が収録されたUMDも付属することが明らかにされている。同発リリースタイトルは24本。

 また、発表されたリリースの中で、日本では3月1日までにPSPを118万台出荷したと発表している。 2月上旬時点では80万台としていたことから、2月中に出荷されたPSPは38万台となる。

(C)2004 Sony ComputerEntertainment Inc. All rights reserved.

□Sony Computer Entertainment Americaのホームページ(英文)
http://www.scea.sony.com/
□ニュースリリース
http://www.us.playstation.com/pressreleases.aspx?id=257
人気blogランキングをチェック

posted by PSP萌え at 09:23| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP用UMDビデオ「スパイダーマン 2」などを4月13日発売

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、 携帯ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」用のUMDビデオソフト3タイトルを4月13日より発売する。

 

 発売されるのは、「スパイダーマン 2」、「バイオハザードII アポカリプス」、「ヘルボーイ」の3タイトル。 価格は全て3,990円。本編映像のほか、予告編を収録。ただし、DVDビデオで収録している特典映像などは含まれず、音声も2chとなる。

 同社では今後の展開について、「5月以降も選りすぐりの作品を順次リリースする。16: 9ワイドスクリーンTFT液晶を搭載したPSPに最適なUMD Videoソフトを継続的に発売していく」としている。 人気blogランキングをチェックする

posted by PSP萌え at 09:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

PSP『テイルズ オブ エターニア』3月3日発売



ナムコは、PSP用ロールプレイングゲーム『テイルズ オブ エターニア』を2005年3月3日に発売する。
 
 『テイルズ オブ エターニア』とは、1995年に発売の『テイルズ オブ ファンタジア』、1997年に発売の『テイルズ オブ デスティニー』に続く『テイルズオブ』シリーズの3作目として発売された大型RPGである。
 “インフェリア”と“セレスティア”の2つの世界をめぐる壮大なストーリーと、人気イラストレーター“いのまたむつみ” 氏が手がけるキャラクターデザイン、豪華声優陣と豊富なアニメーションパートで一躍人気を博した作品だ。

 本作は、2000年11月にPS向けとして発売された同タイトルを、携帯型ゲーム機であるPSP向けに移植したものだ。 物語や戦闘システムなどの世界観はそのままに、PSPのワイド画面に対応した美麗で迫力ある映像を実現。『テイルズオブ』 シリーズの看板とも言べきオープニングや幕間に挿入されるアニメーションムービーも、もちろんすべて収録され、 PSPの美しい液晶いっぱいに映し出される。
 数ある『テイルズ オブ』シリーズの中でも、傑作の呼び声も高い『テイルズ オブ エターニア』の壮大な物語が、 手の中で鮮やかによみがえる日は近い!

『テイルズ オブ エターニア』

人気blogランキングはじめました。

posted by PSP萌え at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】PSP、米国発売当初で100万台出荷

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の米国法人は3月1日、携帯ゲーム機「PSP」 の発売当初の出荷台数を予定よりも増やして100万台にすると発表した。

 PSPは米国で3月24日に発売予定。各国でコンシューマーから熱狂的な反応があったため、 発売段階での出荷を増やすことにしたという。「初日で100万台を用意するのは、 発売と同時にできるだけ多くのコンシューマーにPSPを手にしてもらいたいという当社の姿勢の表れだ」とSCE米国法人のジャック・ トレットン執行副社長はコメントしている。

 日本では昨年12月の発売以来、現在までに118万台を出荷済み。今回発売予定の100万台は、 3月末までに世界で出荷を予定している300万台の一部となる。

人気blogランキングはじめました。

posted by PSP萌え at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする