2005年08月28日

小林麻央さんが先生に!セガ『脳力トレーナー』CM

 


 セガから10月20日(木)発売される予定のPSP『脳力トレーナー ポータブル』のCMキャラとして、小林麻央さんを起用することを発表。その撮影現場の雰囲気をお届けするぞ。

 小林麻央さんは、フジテレビ「めざましどようび」のお天気キャスターとして活躍。 また7月からは月曜9時から放送しているテレビドラマ「スローダンス」にも出演している。

 『脳力トレーナー ポータブル』は遊ぶことによって、脳を活性化させることができるミニゲーム集。 東北大学未来科学研究センター 川崎隆太教授の全面監修を受けており、楽しく脳を鍛えることができる。

 小林さんは、いつも元気ハツラツとしたイメージだが、テレビCMではスーツに身を包み、落ち着いた雰囲気で登場。 小林さん扮する先生が、自分より大人の生徒に脳活性のためにPSP『脳力トレーナー』を薦めるという内容となっている。
 はじめて先生役に挑んだ小林さんは「いつも子供っぽいと思われることが多いんですよ。今回は先生役なので、 大人の女性のイメージとして、やわらかい表情と優しげな声を出すことを努力しました」と、笑顔で話していた。
 20歳を越えると脳が衰えていくということについて、「左脳と右脳をちゃんと使うように心がけてます。 携帯電話でメールを右手だけで打ったり、左手だけで打ったりしてるんですが、これも効果があるみたいですよ」 と自分流の脳力トレーニングを披露してくれた。
 PSP用ということで、場所を選ばずプレイできる『脳力トレーナー ポータブル』については、 「ゲームはちょっと難しいですけど、衰えてしまう前に脳を鍛えます」と話していた。
 このテレビCMは、9月上旬から放送される予定。

■関連コンテンツ
『脳力トレーナー ポータブル』インデックス
■関連リンク
『脳力トレーナー ポータブル』公式サイト

 


さらに詳しいPSP情報・ソフトランキングはこちらから
posted by PSP萌え at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニースタイルで「PSP」向けの動画DL販売がスタート


フレパー・ネットワークスは2005年8月25日(木)より、ソニースタイル・ジャパンが運営するサイト「ソニースタイル」で携帯ゲーム機 「プレイステーション・ポータブル」(以下「PSP」)向けの動画コンテンツのダウンロード販売を開始した。

 今回の動画コンテンツは、「メモリースティック・ビデオフォーマット」で配信され、「メモリーステックDuo」や 「メモリーステックPRO」にダウンロード保存することにより「PSP」で再生が可能となる。 サービス開始時の配信タイトル数は42タイトルで、今後は懐かしのアニメやアイドルムービー、 テレビドラマや500円均一コンテンツ等など常時100タイトルの供給を計画している。

 なおコンテンツ提供は「ソニースタイル」の「ソフトウェアダウンロード」から行われる。

■関連リンク
[「フレパー・ネットワークス」公式サイト]


さらに詳しいPSP情報・ソフトランキングはこちらから
posted by PSP萌え at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

PSP用H.264動画の販売を開始−アニメなど42タイトル。常時100タイトルを目指す

 

8月25日発売


 フレパー・ネットワーク株式会社は、 ソニースタイル・ジャパン株式会社が運営している通販サイト「ソニースタイル」において、 プレイステーションポータブル(PSP)向けにMPEG-4 AVC(H.264)形式の動画コンテンツの供給を8月25日より開始した。

 

 開始時点ではアニメや音楽ビデオなど42タイトルを用意。価格は105円〜1,050円だが、 今後はテレビ放映ドラマや500円均一コンテンツなど、常時100タイトルを用意する予定。なお、 H.264動画を再生するためにはPSPのファームウェアを最新バージョンの「2.00」にアップデートする必要がある。

 同社は店頭に設置するコンテンツ販売機「デジらく」で、携帯電話やPC、プレイやん向けの動画コンテンツなどを販売。 PSP用としてメモリースティック・ビデオフォーマットの動画も販売しているが、オンラインでの販売は今回が初めてとなる。

 開始当初に提供するタイトルは、アニメがFELIX THE CAT、ベティー・ブープ、ポパイ、クッキングパパなど。ほかにも、 アイドルムービーや写真集、ミュージック・クリップなども用意している。

 なお、ソニースタイルではフレパー・ネットワーク以外の会社が提供するコンテンツも配信。 その中にはH.264フォーマットのコンテンツも含まれており、アメアスポーツジャパン、LANDPORT、 ナウオンメディアなどが同フォーマットのコンテンツを販売している。

 また、ソニースタイルではMP4(MPEG-4)形式の動画も引き続き販売。フレパー・ネットワークでも、「デジらく」 においてはMP4形式のコンテンツも提供している。

□フレパー・ネットワークのホームページ
http://www.freparnetworks.co.jp/index.html
□ニュースリリース
http://www.freparnetworks.co.jp/press/050825.html
□動画販売サイト
http://www.jp.sonystyle.com/Nws/Software_dl/Mob/index.html

さらに詳しいPSP情報・ソフトランキングはこちらから
posted by PSP萌え at 19:49| Comment(56) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ『BLOOD+』発表会開催 PS2、PSP用ソフトの製作も発表!

本日(8月25日)、都内の会場でテレビ用アニメーション『BLOOD+』の発表会が開催された。これは、10月8日からTBS、 MBS系全国ネットで放映(毎週土曜日、午後6時〜)されるアニメーションの発表会だが、ここで『BLOOD+』がソニー・ コンピュータエンタテインメントによりゲーム化されることが発表された!


 ゲーム化はソニー・ コンピュータエンタテインメントジャパンのスタジオ第2制作部部長兼エグゼクティブプロデューサー兼メディア企画課プロデューサーの山元哲治氏の口から語られた。 ステージに立った山元氏は、


 「現在、『BLOOD+』のゲーム化に向けて制作中です。現行機種のプレイステーション2とPSP用ソフトとして開発しています。 来年には詳しいお話をできると思います」(山元)


 とコメント。コメントのみでゲームの映像などの公開はなく、また発売時期やジャンルなども未定とのことだ。

 

 会場ではソニー代表取締役会長兼CEOのハワード・ストリンガー氏のビデオメッセージが公開。ストリンガー氏はビデオ中で 「ソニーグループは総力をあげて、このプロジェクトを応援していきます。私も『BLOOD』のファンなので、 この作品がテレビアニメになることに興奮しています」でコメント。ソニーグループとしてバックアップすることを確約したのだ。


 
アニメーション『BLOOD+』は、プロダクションI.Gとアニプレックス、 毎日放送が制作にあたる新作アニメーション。 『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ、『交響詩篇エウレカセブン』 のプロデューサーを務めた竹田青滋氏が企画。『攻殻機動隊』や『Avalon』などでおなじみの押井守氏が企画協力、 寺田克也氏がデザイン協力として参加している。
  

▲左がテレビアニメの主人公、音無小夜。 2000年に発売されたプレイステーション2用ソフト『BLOOD THE LAST VAMPIRE』 の小夜に比べて、ややソフトになった印象。 

 


 もともと『BLOOD』は、プレイステーション2用ソフト『BLOOD THE LAST VAMPIRE』 として2000年に発売された作品で、同時期に劇場用映画としても公開されている。劇場用映画の主人公、 小夜(ゲームにも重要なキャラクターとして登場)は、セーラー服姿で日本刀を振り回す少女として強烈なインパクトを与え、クエンティン・ タランティーノ監督は小夜をもとに『キル・ビル』で栗山千明が演じたゴーゴー夕張というキャラクターを思いついたことを明言している。


 この『BLOOD』は、翼手(よくしゅ)と呼ばれる不老不死の生き物と小夜の死闘を描いた作品。 翼手よりもさらに濃いヴァンパイアの血を引く小夜もまた不老不死なため、劇場用映画では`60年代、 プレイステーション2用ソフトでは現代が舞台であった。

 

 『BLOOD+』 も同じ世界観のもと、さまざまな舞台でストーリーが展開。発表会では、テレビアニメーションのほか、月刊少年エース、増刊ビーンズエース、 隔月刊CIEKの3誌(いずれも角川書店)で連載中のコミックでの展開も紹介された。
 

▲発表したのは角川書店常務取締役アニメ・コミック事業部長の井上伸一郎氏。 それぞれ別の主人公、異なる時代を舞台に展開。 


 テレビアニメでは、2005年の沖縄で暮らす高校生、音無小夜が主人公。温かい家族に囲まれ平凡に暮らす小夜だったが、 ただひとつ足りないのは1年まえ以上の記憶がないということだった。そして、 謎の青年サジに日本刀を渡された小夜は翼手との死闘に引き戻されていくというストーリーだ。
 

▲左が『BLOOD+』プロジェクトの中心人物であるプロデューサーの竹田青滋氏。 『交響詩篇エウレカセブン』や『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を成功させた実績を持つ。  


 発表会では監督を務める藤咲淳一と声優陣も登場。藤咲氏は、

 

  「劇場版(2000年公開の『BLOOD THE LAST VAMPIRE』)とはストーリーがガラッと変っているんですが、 今回は主人公の小夜をきちんと描きたいと思ったんですね。そこで、キャラクターの絵から新たに描き直そうということになりました。また、 作品のテーマは"戦争"なんですが、プロデューサーの竹田さんに「ワシは戦争を描きたいんや」と言われて、ボク自身も「なるほどな」 と思ったことが始まりです。アニメーションで戦場を描くのは難しいので、『BLOOD+』では戦争の裏側を描こうということになったんです」 (藤咲)


 と作品のテーマについて語った。なお藤咲監督は、 プレイステーション用アドベンチャーゲーム"やるドラ"シリーズの企画に参加した経歴をもつ。その縁で、 "やるドラDVD"として発売された『BLOOD THE LAST VAMPIRE』が発売。さらに今回の『BLOOD+』 のゲーム化につながっているのだ。

 

▲左から藤咲氏、小夜の声を演じる喜多村英梨、謎のチェロ奏者ハジ役の小西克幸、 小夜と家族同然に暮らす青年、宮城カイ役の吉野裕行。喜多村英梨はなんと、現役の高校生だ。  

posted by PSP萌え at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ドラゴンクエストVIII』の“日野晃博”氏プロデュース! PSP『天誅 忍大全』“

フロムソフトウェアは、2005年7月28日に発売されたPSP『天誅 忍大全』公式サイトにおいて、“クリエイター特別任務第4弾 日野氏プロデュース任務”を8月26日より配信開始した。
 『天誅 忍大全』は、PS2で大好評を博した『天誅』シリーズをPSP向けに移植した“本格忍者アクション”ゲーム。背後から忍び寄り、 どんな強敵をも一撃で仕留める“忍殺”の爽快感や、忍者ならではの機敏で多彩なアクション、さまざまな忍具を駆使して任務を遂行していく 『天誅』シリーズの醍醐味を、いつでもどこでも体験できる。また、オリジナル任務を作成できる「虎の巻モード」では、 マップや任務の目的はもちろん、敵やオブジェクトの配置、イベントの挿入など、自分だけの任務を作成可能なのはもちろん、 友達同士で手軽にデータ交換して遊ぶことができるのが大きな特徴となっている。


 今回第4弾が配信されることになった“クリエイター特別任務”とは、ゲーム制作の第一線で活躍中のゲームクリエイターたち自らが 「虎の巻モード」を駆使して制作したオリジナル任務シナリオのことだ。
 第1弾“中裕司”氏 (『ソニック』シリーズ)、第2弾“岡田耕始”氏 (『真・女神転生』シリーズ)、第3弾“中村光一”氏 ( 『不思議のダンジョン』シリーズ)によるオリジナル任務に引き続き、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の “日野晃博”氏プロデュースの最終第4弾となる任務が配信開始となる。


 「はじめて和物のシナリオを書いてみました。短く簡潔に書かないといけないという制約が、逆に楽しかったです」 と日野氏が語るこの任務、『天誅』ファンだけでなくとも見逃せないシナリオとなりそうだ。
 もちろん、第1弾〜第3弾の任務も引き続き好評配信中。実力派クリエイターたちの個性が光るオリジナル任務を堪能しよう!


タイトル 天誅 忍大全
対応機種 プレイステーション・ポータブル
メーカー フロム・ソフトウェア
ジャンル 忍者アクション
価 格 \5,040(税込)
発売日 2005年7月28日



[リンク]
フロム・ソフトウェア
『天誅 忍大全』
特別任務ダウンロードページ (要パスワード)

 

posted by PSP萌え at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP『メタル ギア アシッド 2』の最新画像を公開!

『メタルギアソリッド』シリーズの動的アクション性に対して、カードを使って行動するという、いわば “静的タクティカルエスピオナージ”という新境地を開拓した前作PSP『メタルギア アシッド』。その続編PSP『メタルギア アシッド 2』に関して最新画像が公開された。
 この『メタルギア アシッド 2』は、 カードを使ってデッキを構築、行動をカードで行うという前作の基本システムに変更はないが、さらに遊びやすくなるという。操作性も向上し、 カードの枚数は倍以上に増えるとのこと。さらに『メタルギア アシッド 2』には、北米版で大好評だった通信対戦が搭載される予定だ。
 公開された画像はコナミの米国法人であるコナミコンピューターデジタルエンタテインメントアメリカが8月17日、 サンフランシスコで開催されたプレス向けイベント「Summer BBQ Press Event 2005」 において公開されたものとなる。画面内の表記が全て英語なのは海外版のためだ。グラフィックに関しては、 新しいグラフィックエンジンを採用し、彩色からイベントシーンの演出に至るまで、前作よりも大幅に向上し、 カラーリングやキャラクターの輪郭線を強調し、戦闘の臨場感を表現するアメリカンコミック調の視覚的演出により、 カードの使用効果がより分かりやすくなった。

ボス戦その1
対決するボスの1人。 現時点では名称は不明だが、かなり大柄な体躯の持ち主だ。手にしているのは戦車などに効果を発揮する大型の対装甲火器 「RPG7」か?
ドラム缶で攻撃しようとしているところ。 その巨体を活かして、様々なものを投げても攻撃してくるという。


ボス戦その2
対決するボスの 一人。 こちらも現時点では名称不明だ。一人目とは対照的に小柄で、独特の傘をかぶ っている。 武器はグレネードランチャーを使用して攻撃してくる。
このボスは天井 に張り付くこともできる。 スネークは天井には行けないのだ。この移動範囲の違い が、攻略の上でも大きなポイントとなってくるだろう。
カード選択画面。カードを見ると、 前作で登場したカードと同じと思われるものも見受けられる。右上に張り付いている敵ボスが分かるだろうか。 爆発画面。前作以上の迫力で、こうした面でもグラフィック面の向上が見える。 画面中央に敵ボスの姿が見える。


移動と戦闘
移動画面。グリッド表示や全体的な色調の変更などでかなり見やすいものとなった。 列車の屋根の上という狭いステージ。左右への移動が難しい分、 カードの選択が問われるだろう。
前方から迫ってくる敵を攻撃しようとしているところ。 武器によってはターゲットの選択があるが、その選択先も分かりやすくなっている。



タイトル メタルギア アシッド 2
対応機種 プレイステーション・ポータブル
メーカー 発売:コナミ
制作:小島プロダクション
ジャンル タクティカルカードゲーム
価 格 未定
発売日 2005年冬予定

 

posted by PSP萌え at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP充電スタンドにもなる小型スピーカー「PSP-MSSHS」

 

発売中

価格:オープンプライス

 プリンストンテクノロジー株式会社は、 PSP対応のコンパクトスピーカー「PSP-MSSHS」の販売を開始した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,980円前後。

 「PSP-MSSHS」は、PSPやポータブルオーディオ機器での使用を想定した小型のステレオスピーカー。 ドライバユニットにネオジム磁石を採用することで、小型ながら高音質を実現している。

 PSPに装着すると、本体下部に「PSP-MSSHS」のスピーカーがくっついたような形状になり、 本体内蔵のスピーカーより音質の向上が期待できる。またPSP本体を覆う透明なプラスチックカバーがあり、 未使用時にはケースとしての役割を果たす。さらに専用のキャリングケースも同梱されており、PSPを「PSP-MSSHS」 に装着したまま収納できる。

 電源は単四電池とPSP用ACアダプタ(いずれも別売り)の2種類に対応。ACアダプタを使用した場合、「PSP-MSSHS」 とPSPの両方に給電され、充電しながら利用できる。単四電池を使用した場合はPSPには給電されないが、 アルカリ単四電池で最大20時間程度使用できる。また専用スタンドも用意されており、 ACアダプタを使用すれば充電スタンドとしても機能する。

□プリンストンテクノロジーのホームページ
http://www.princeton.co.jp/
□「PSP-MSSHS」のページ
http://www.princeton.co.jp/product/digitalaudio/pspmsshs.html

posted by PSP萌え at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中川翔子も「すげーッス!」『GGXX』対戦トーナメント



セガは2005年8月24日(水)、PSP『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』の発売と業務用『ギルティギア イグゼクス スラッシュ』の稼働開始を記念して、ゲームメディア編集部対抗トーナメント戦を開催。特別ゲストとしてタレント・ 中川翔子さんがゲーム中のキャラクタ「ブリジット」のコスプレで登場し参加者を応援した。

 アークシステムワークスが開発した2D対戦格闘ゲーム『ギルティギア』シリーズ。本シリーズは、 5つのボタンの組み合わせで簡単にコンボが出せる「ガトリングコンビネーション」や攻撃を強制的にキャンセルできる「ロマンキャンセル」 など、“対戦を楽しむ”ことにこだわったシステムと魅力的なキャラクタにより、多くのゲームファンの人気を博している。

 対戦大会は、中川さんの開会宣言で開幕。各編集部から集まった精鋭たちの並々ならぬ雰囲気に「やっぱりトーナメントは燃えますねぇ! みなさん、“命をかけて”がんばってください!!」とコメントし、会場を沸かせた。
 中川さんは業務用『ギルティギア イグゼクス』をプレイしていた根っからの『ギルティ』ファン。使用するキャラクタについて聞かれると「 “ディジたん”を使ってました!ブリジットもたまに使いますよ♪」と話していたぞ。
 また、最高レベルの戦いが繰り広げられた決勝戦を目の当たりにした彼女は「…すげーッス! 指が光の速さで動いて見えません!!(笑)」 と目を輝かせてコメント。来場者からは笑みがこぼれていた。

 そして、息を呑む熱い戦いが繰り広げられた本大会も閉幕。中川さんは「次はディジーのコスチュームでイベントに参加したいです(笑)」 と満面の笑みを浮かべ、最後まで会場を沸かせていた。

 今回大会で使用されたPSP『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』は、業務用で稼動中の同名タイトルを忠実に移植した作品。 PSPのワイド画面により、業務用の迫力は損なわれておらず、アドホックモードを使用したネットワーク対戦も楽しめる。 2005年9月29日(木)発売予定だ。
 業務用『ギルティギア イグゼクス スラッシュ』は『ギルティギア』シリーズの最新作。前作『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』 からゲームシステム等の大幅な変更はされていないが、既存のキャラクタの新技追加、性能の変更を行い、ゲームバランスの調整が計られてる。 大きな追加点として、新キャラクタ「聖騎士団ソル」「A.B.A」が参戦することが決定。 ゲームセンターでの稼働は9月下旬に開始する予定している。

 いつでもどこでも楽しめるPSP『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』とシリーズ最新作である業務用『ギルティギア イグゼクス スラッシュ』。2005年9月、2つの『ギルティギア』によって熱い戦いの日々がやってくる。

『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:FTG
■発売日:2005年9月29日
■価格:3,990円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:3,990円(税込)
※Amazonの販売価格:3,511円(税込)
※TSUTAYA onlineの販売価格:3,990円(税込)

■『ギルティギア イグゼクス #RELOAD』の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ ジャパン
Amazon
TSUTAYA onlineicon

■関連サイト
編集部対抗トーナメント戦 紹介ページ
「ギルティギア ゼクス」シリーズ公式サイト
セガ


 

posted by PSP萌え at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン動画をPSP用ビデオに――「VideoVault for PSP ver.1.5」9月22日に発売

ホロンは、PSPを本格的ポータブルビデオプレーヤーとして利用できるようにするPCソフト「VideoVault for PSP ver.1.5」を2005年9月22日に、全国のPC量販店・家電量販店にて発売すると発表した。

 「VideoVault for PSP ver.1.5」は、面倒な作業をせずに、パソコン動画をPSP用ビデオに変換・ 管理できるソフト。パソコンにストックされた動画や、DVDレコーダーに録画されたテレビ番組、 さらにはハンディカムで撮影したビデオデータなどをPSP用に変換し、自由に持ち運び、再生して楽しむことができる。

 変換機能のほかにも、PSPで快適に動画を楽しむための管理機能も充実しており、 メモリスティックの容量に合ったファイルを自動設定で作成できるなどの特徴も持っている。

 また、ビデオデータやビデオファイル名の管理、アイコンの整理や再生順序の指定なども可能とのことだ。なお、 「VideoVault for PSP ver.1.5」は、発売に先駆けて、 2005年9月16日から18日に幕張メッセにて開催される東京ゲームショウで、展示デモが行われる予定だ。会場に足を運んだ際には、 ぜひともその目で本製品の性能を確かめてもらえればと思う。

posted by PSP萌え at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カプコン、開発環境「CodeWarrior Development Studio for PSP」を採用

東京ゲームショウ メトロワークスブース

メトロワークスは、「CodeWarrior Development Studio for PSP」 がカプコンのPSP用ゲームの開発ツールとして採用されたと発表した。

 「CodeWarrior Development Studio for PSP」は、PSP用ゲームをWindows XPで開発するための統合開発環境。このツールで開発されたゲームは既に発売されている。

 今回の採用の決め手となったのは、同ツールのオーバーレイ対応。これはプログラムをモジュール化することで、メモリを有効活用し、 開発効率を上昇させるというもの。「CodeWarrior Development Studio for PSP」は、 PSP用開発環境としては唯一オーバーレイをサポートしているツールとなっている。

なお、本製品の購入は、PSP用ゲームタイトル開発などの契約を締結し、ツール・ミドルウェア製品を購入可能な法人に限定されている。 日本とアジアにおける販売窓口は、メトロワークス株式会社 (東京)、北米とヨーロッパでの販売については米メトロワークス社となっている。

 

【関連リンク】

posted by PSP萌え at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

PSPユーザー利用実態調査、ビデオ・音楽鑑賞の利用率は?

株式会社インフォプラント(本社/東京都中野区 代表取締役社長:大谷真樹)が提供する、生活者情報マーケティングデータサービス 「C-NEWS(http://cnews.info-plant.com/)」では、携帯ゲーム機 「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の所有者に対して利用実態などを探るため、アンケート調査を実施した。 PSPを所有している10歳〜59歳のインターネットユーザー1000名の回答を集計した結果、 6割強が発売後の3か月間に購入しており、所有するPSPソフト数は平均3.1本だった。 PSPで映画などが楽しめる「UMD Video」の所有率(1割強)や、 記録メディア「メモリースティック デュオ」の使用率(ほぼ2割)は低かった。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)から2004年12月12日に発売された携帯ゲーム機「 PSP」の生産出荷台数(日本・アジア)は、6月末で233万台。 7月に公開されたシステムのバージョンアップにより、ネットブラウザ機能が追加されたほか、「ビデオ」や「ミュージック」 などに新機能が追加された。

PSP発売日購入者は男女各ほぼ1割、所有ソフトは平均3本

 「PSPの購入時期」は、「2004年12月」が3割半ば、「2005年1月〜2月」がほぼ3割、「2005年3月〜5月」が2割半ば、 「2005年6月以降」が1割強。6月末までに発売されたソフト数(アジアを含む)は76タイトルだが、「 PSPソフトの所有本数」は平均3.1本。男性の最多が「50本(自由業・ 40代)」、女性は「20本」が3人(いずれも30代)いた。

PSP所有者のほぼ9割が「プレイステーション2」も所有

 PSP以外の「ゲームハード機所有状況」は、『プレイステーション2』がほぼ9割、『プレイステーション(初代、PSone)』が6割強、 『ゲームボーイアドバンス』が5割弱。 PSPと同時期に発売された携帯ゲーム機『ニンテンドーDS』 の所有率は3割半ばだった。

 「ゲームソフトの年間平均購入本数」は、男性平均が7.4本、女性が5.6本。購入ソフトのうち「中古ソフトの購入率」は、 男性がほぼ4割(平均2.9本)、女性は4割弱(平均2.1本)。男性5割弱、女性4割強が家庭用ゲーム機で、ゲームを『よくする』 と答えた。

◆映画や音楽映像などの「UMD Video」所有率は1割強

  PSPで映画や音楽映像などが楽しめる光ディスク「UMD Video」 が発売されているが、「UMD Video」の所有率は、男性1割半ば、女性1割強。男女ともに過半数が『持っておらず、 近いうちに買う予定もない』と答え、ゲームソフトと比べると購入意欲は低い。

 「購入またはレンタルしたいUMD Videoのジャンル」(複数回答形式:2つまで)を聞くと、トップは男女ともに『映画』 (男性6割半ば、女性7割強)、2番目は男性が『アニメ』(3割半ば)、女性は『ミュージッククリップ』(4割強)が続いた。

 「プレイステーション2」のゲームソフト「FINAL FANTASY VII」の完全続編というUMD VideoのCGムービー 「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」(9月発売予定・税込価格4800円)の購入・レンタル意欲を聞くと、 『購入したい』は男性2割半ば、女性2割、『レンタルしたい』は男性3割半ば、女性3割強だった。

◆メモリースティック デュオの活用率ほぼ2割

 「 PSPにおける記録メディアのメモリースティック デュオの使用度 (動画や静止画、音楽鑑賞)」では、「使用経験率」が男性5割弱、女性3割強だが、そのうちの4割半ば〜ほぼ5割が「最近は使っていない」 と答えている。

 「7月27日に公開されたシステムバージョンアップのアップデート率」は、男性2割半ば、女性1割強。女性は、 男性を26ポイント上回る半数強が「バージョンアップを知らなかった」と答え、女性の3人に1人は「バージョンアップする予定はない」 と回答した。




◆調査概要
調査実施日:2005/8/9・10
調査対象: PSPを所有している10歳〜59歳のインターネットユーザー
集計回答数:1000名
絞り込み集計(回答数):男性(526)、女性(474)


当調査リポートの詳細 ≫ http://cnews2.info-plant.com/pr/20050823.html

posted by PSP萌え at 10:49| Comment(0) | TrackBack(3) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP『メタルギア アシッド2』のトレイラームービーが配信中



コナミは、小島プロダクション公式ページで、現在開発中のPS2用戦略諜報アクション『メタルギア ソリッド3 サブシスタンス』 およびPSP用思考型諜報ソフト『メタルギア アシッド2』のトレイラームービーを配信中。
前者のムービーは8月21日までドイツ・ライプチヒで開催される「ゲームズコンベンション」で公開されているもの、 後者のムービーは北米でプロモーション用に用意されたものとなっている。『メタルギア』ファンはお見逃しなく。

メタルギアアシッド2: Movie

製品サイト
http://www.konami.jp/gs/kojima_pro/japanese/

posted by PSP萌え at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

「PSP セラミック・ホワイト」の予約受付スタート!

 

写真
PSPに待望のカラーバリエーション「セラミック・ ホワイト」が登場。クールな印象のブラックとは対照的に、こちらはかわいらしい雰囲気だ。




オンラインショッピングサイト「プレイステーション・ドットコム・ジャパン」で、9月15日に発売が予定されている「PSP バリュー・ パック セラミック・ホワイト」の予約受付が開始されている。

 PSPの新色となる「セラミック・ホワイト」は、本体に周辺機器を同梱したバリュー・パックでのみ販売。セット内容は従来のバリュー・ パックと同様、「PSP本体(セラミック・ホワイト)」、「ACアダプター」、「バッテリーパック」、「メモリースティック デュオ」 (32MB)、「リモコン付きヘッドホン」、本体と同色の「ポーチ&ハンドストラップ」で、価格は26,040円(税込)となっている。

 また「プレイステーション・ドットコム・ジャパン」では、「セラミック・ホワイト」のPSPにあわせて発売される同色の周辺アイテム 「ポーチ&ハンドストラップ(ホワイト)」および、「アクセサリーポーチ&クロス(ホワイト)」の予約受付も実施中。「PSP バリュー・ パック セラミック・ホワイト」を入手する予定の人は、同時に予約しておくといいだろう。

「PSP バリュー・パック セラミック・ホワイト」
■メーカー:SCE
■発売日:2005年9月15日
■価格:26,040円(税込)
■セット内容:「PSP本体(セラミック・ホワイト)」「専用ACアダプター」、「専用バッテリーパック」、「メモリースティック デュオ(32MB)」、「PSP 専用リモコン付きヘッドフォン」、「PSP 専用ソフトケース&ハンドストラップ」
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:26,040円(税込)

「ポーチ&ハンドストラップ(ホワイト)」
■メーカー:SCE
■発売日:2005年9月15日
■価格:2,100円(税込)

「アクセサリーポーチ&クロス(ホワイト)」
■メーカー:SCE
■発売日:2005年9月15日
■価格:1,575円(税込)

■「PSP バリュー・パック セラミック・ホワイト」の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン

 

posted by PSP萌え at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

PSP『天誅 忍大全』のオリジナル任務が配信中

フロム・ソフトウェアから好評発売中のPSP用アクション『天誅 忍大全』の公式サイトで、 有名ゲームクリエイターがプロデュースしたオリジナル任務が配信されている。
これは「虎の巻」モードでプレイできる特別任務で、『ソニック』の中裕司氏、『真・女神転生』の岡田耕始氏、『不思議のダンジョン』 の中村光一氏、『ドラクエVIII』の日野晃博氏といった面々が独自の任務をプロデュース。「セガ社内を再現したマップ」や「『天誅』 キャラクターを現代に召喚」「洞窟をイメージしたダンジョンを探索」といった特徴的な任務が揃う。各任務のダウンロードには、『天誅 忍大全』の購入特典『天誅〜必携の書〜』に収録されているパスワードが必要だ。現時点では前3者のオリジナル任務が配信されいる。 日野氏のオリジナル任務は8月25日に配信開始予定。

http://www.tenchu.net/

posted by PSP萌え at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

PSP対応MPEG-4生成にも対応 ユーリード、VideoStudio 9の高機能版発売

ユーリードシステムズは、 VideoStudio 9の高機能版として、MPEG-4入出力対応プラグインと2層DVD-Rに対応させた「VideoStudio 9 Plus」を9月9日より発売する。

 ユーリードシステムズは8月15日、ムービー編集ソフトVideoStudio 9の高機能版「VideoStudio 9 Plus」を発表、9月9日より発売する。価格は通常パッケージ版で2万790円(税込み)。

photo


VideoStudio 9 Plus

 

 VideoStudio 9は、動画データや写真を用意し、スタイルを選ぶだけで自動的に編集作業を行う「おまかせモード」 などのビギナーユーザーにも使いやすい操作インタフェースが特徴のムービー編集ソフト。複数カット編集、クロマキー・リップル編集、 オートミュージック機能による音楽演出機能、BGMの長さを調節できるタイムストレッチ機能などを備える。

 高機能版となる「Plus」では、ISO準拠/メモリースティックビデオフォーマットMPEG-4入出力対応プラグイン、 2層DVD-Rへの対応、新テンプレート・トランジション効果といった機能が新たに搭載される。 MPEG-4入出力対応プラグインで使用する音声コーデックにはAACを採用した。

photo


デジカメのMPEG-4ムービーを同ソフト経由でDVDに、 あるいは一般動画素材からPSPで再生可能なフォーマットにトランスコードするといったことが行える

こちらでもPSP情報が満載。毎日更新中
posted by PSP萌え at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPでWindows95が動く スクリーンショット公開

Windows 95 Logo 

どうやらPSPでWindows95とLinuxが動くようです。
x86エミュレーターのBochsをインストールすることで動きます。

起動に10分程度かかるものの、デスクトップ上に仮想で構築されたマイコンピュータやマインスイーパなどが動く模様です。 同様にLinuxも動くというから驚きです。

480x272の画面で動きますが、速度的には非常に遅いとのこと、、、。ちなみにアナログスティックがマウスとして認識されます。

インストールの仕方は、おなじみのEBOOT.PBP ファイルをゲームフォルダに作成→インストールという手順です。 (動作確認はv1.51, v1.52, v2.0で行われている)詳細はこちらへ(英語サイト:でもすぐ分かる)  

その他のスクリーンショット
Minesweeper

Solitare

Start menu

Linux 

こちらでもPSP情報が満載。 毎日更新中

posted by PSP萌え at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPで2本入りの「サクラ大戦」 PSP「サクラ大戦1&2」2006年春発売決定

 

2006年春 発売予定

価格:未定

 株式会社セガは、 PSP用ドラマチックアドベンチャー「サクラ大戦1&2」を2006年春に発売すると発表した。価格は未定。

 PSP用「サクラ大戦1&2」は、「サクラ大戦」と「サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜」 の2作品を1本に収録したソフト。まだ開発が進められている段階で、詳しい内容については明かされていないが、 「PSPのワイド液晶を生かした最適なアレンジを施す」という。

 8月12日に記者陣に公開された「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ『新・青い鳥』」の最終通し稽古では、 広井王子氏が懐からPSPを取り出し、「サクラ大戦1&2」を発表。また会場入口付近にPSPが設置され、 デモンストレーション映像が繰り返し流されていた。このPSPは、一般公開日にも展示される。

最終通し稽古の冒頭で、広井氏がPSPを取り出し、「サクラ大戦1&2」を発表 展示されていたPSPでデモ映像を公開。2作品のロゴが続けて現れていた



(C)SEGA (C)RED

□セガのホームページ
http://sega.jp/
□「サクラ大戦」シリーズのページ
http://www.sakura-taisen.com/

posted by PSP萌え at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPで蘇る!『サクラ大戦 1&2』が2006年春に発売決定

写真

セガは、PSP用ソフト『サクラ大戦 1&2』を2006年春に発売することを明らかにした。価格は未定。

 『サクラ大戦 1&2』は、数々のハードでリリースされてきた不朽の名作『サクラ大戦』と、その続編『サクラ大戦2 〜君、 死にたもうことなかれ〜』をセットで収録した移植作。PSPの液晶サイズに最適な画面アレンジが加えられており、高画質のアニメーション、 ボリューム満点のシナリオをいつでもどこでも楽しめる。
 もちろん本編同様に、多彩なミニゲームも収録。現在のところ追加要素の有無は明らかにされていないが、続報を期待して待っていよう。

写真

■関連サイト
サクラ大戦ドットコム
セガ

 

posted by PSP萌え at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

コナミ、PSP「Twelve〜戦国封神伝〜」のプロモーションムービーを公開!

 

8月25日 発売

価格:5,229円

 コナミ株式会社のPSP用シミュレーションRPG「Twelve〜戦国封神伝〜」のプロモーションムービーが編集部に到着したので、 さっそく公開しよう。

 日本の戦国時代をモチーフとしたファンタジーの世界“大和”を舞台に、 十二支の精霊に守護された勇者達が魔神を封印するための戦いを描いたこのタイトル、戦闘に効果のあるアクション「応援」、 タイミングを合わせて○ボタンを押すことによって大ダメージを与える「コンボ」といった独自のシステムがセールスポイントだが、ほかにも、 福山潤氏、能登麻美子さん、中原麻衣さん、諏訪部順一氏ら多数のキャストが熱演していることも聞き逃せないポイントだ。

 今回公開されたムービーは2つのパートに分かれており、とくに3分35秒から始まる後半部は「ゲームプレイ紹介」で、 本作のシステムなど魅力について十分解説されている。購入を考えている方はぜひ参考にしていただきたい。


[PR] キャッシング情報を検索! オンライン申込やサイト比較も多数掲載。
[PR] レンタルサーバ情報を検索! キャッシュバックや初期設定無料も。

posted by PSP萌え at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

PSP「WIPEOUT PURE」追加コンテンツ「コカ・コーラ スペシャルパック」を配信



 株式会社ソニー・ コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、PSP用レースゲーム「WIPEOUT PURE」にて、「コカ・コーラ スペシャルパック」のダウンロード配信を8月11日16時より開始する。

 この企画は、日本コカ・コーラ株式会社と共同で行なわれるもの。まずコカ・コーラのエンタテインメント情報サイト 「cokestyle.net」にて、PSPの“△○×□” ボタンの組み合わせによるパスワードを入手。その後、PSPのインフラストラクチャーモードでプレイヤーズ・サイトに接続。 ダウンロードしたいコンテンツを選んでパスワードを入力すると、ダウンロードできる。

 配信は5回に分けて行なわれる。第1回の8月11日には、コカ・コーラデザインのメニューグラフィックをダウンロードできる。 さらに第3回の8月25日からはスペシャルコースが、第4回の9月29日からはオリジナルクラフトの配信も開始される。 これらのダウンロードサービスは、11月末まで行なわれる予定。

 なおダウンロードサービスを利用するには、無線LANでインターネットに接続できる環境が必要。 またデータを保存できるだけの空き容量があるメモリースティックDUOも必要になる。ダウンロード容量はコンテンツごとに異なり、 ダウンロード前に確認できる。

 SCEJと日本コカ・コーラの共同企画は、これまでにも、PSP用「みんなのGOLF ポータブル」などで行なわれている。

□ソニー・コンピュータエンタテインメントのホームページ
http://www.playstation.jp/
□「WIPEOUT PURE」のページ
http://www.playstation.jp/scej/title/wipeout/
□日本コカ・コーラのホームページ
http://www.cocacola.co.jp/
□「cokestyle.net」のページ
http://cokestyle.net/

[PR] キャッシング情報を検索! オンライン申込やサイト比較も多数掲載。
[PR] レンタルサーバ情報を検索! キャッシュバックや初期設定無料も。

posted by PSP萌え at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする