2006年08月31日

兵器の数は前作以上! 『大戦略 ポータブル2』今冬発売

大戦略 ポータブル2

元気は、PSP用ソフト『大戦略 ポータブル2』を今冬に発売することを明らかにした。価格は5,040円(税込)。

 『大戦略』は、PCやPS2など多くのプラットフォームで発売され、根強い人気を誇る戦略シミュレーションゲームシリーズ。 PSP第2弾となる本作の舞台は、灼熱の砂漠が続く中東。プレイヤーは傭兵部隊「ワイルドギース」として、 覇権をめぐって荒れる中東に降り立つこととなる。
 6カ国約400種類の兵器が登場し、ファンを喜ばせた『大戦略 ポータブル』だが、『2』ではさらにそれを上回る数の参戦国、兵器が登場。 また、前作のクリアデータを持っていれば、ゲーム開始当初に生産できる兵器の種類が増えるという。戦略SLGのファンは、ぜひ 『大戦略ポータブル』をプレイして、『2』の発売を待ちたいところだ。

『大戦略 ポータブル2』
■メーカー:元気
■対応機種:PSP
■ジャンル:SLG
■発売日:今冬発売予定
■価格:5,040円(税込)


■関連サイト
『大戦略 ポータブル2』 プレビューサイト
元気

 



posted by PSP萌え at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

PSP『ファインダーラブ』公式サイト更新! 体験版配信、キャンペーン、動画メッセージなどもりもりりんこ!

カプコンは、2006年6月29日発売予定のアイドルビジュアルアドベンチャー・PSP『ファインダーラブ』の公式サイトを更新した。
 発売を目前に控え、公式サイトがもりもりりんこな更新! ちなみに今週の更新は体験版配信、プレゼントキャンペーン、 さらに動画メッセージ第3回目の配信など。ぜひ公式サイトをチェックしてみよう!

■PSP『ファインダーラブ』 公式サイト更新情報
●体験版配信開始!
 発売までとうとう2週間をきった『ファインダーラブ』。 一刻も早くプレイしたいと言うみんなのために、公式サイトでは体験版を配信。体験版でプレイできるのは“撮影パート”。 アイドル達の専属カメラマンになりきっ て、アイドル達のキュートでセクシーな表情を激写しよう。もちろん、 史奈ちゃん、あきちゃん、里紗ちゃんの3バー ジョン用意!
●らぶらぶプレゼントキャンペーン
 公式サイトでは、ファインダーラブの店頭用ポスター(史奈ちゃんVer.、 あきちゃん Ver.、里紗ちゃんVer.)が各10名に当たるプレゼントキャンペーン“ファインダー ラブ らぶらぶプレゼント”を開始。店頭でポスターを見かけて欲しい〜と思った人も多いはず。 応募期間は6月16日〜23日17:00までとなっているので忘れずに応募しよう!
●期間限定! アイドル達からの動画メッセージ第3回目配信!
 史奈ちゃん、あきちゃん、里紗ちゃんの3人から3回目の動画メッセージが届いた!  この動画メッセージは発売日まで週1回のペースで公式サイトで配信されていく予定。 このレア度MAXの動画メッセージ(第3回目)の配信期間は6月16日〜22日まで。 見逃さないように公式サイトへ急げ〜。



タイトル ファインダーラブ 原史奈 ふたりのふたりで…。
ファインダーラブ ほしのあき 南国トラブルランデブー
ファインダーラブ 工藤里紗 ファーストショットは君と。
対応機種 プレイステーション・ポータブル
メーカー カプコン
ジャンル アイドルビジュアルアドベンチャー
価 格 通常版:¥5,040(税込)
限定版:¥9,030(税込)
発売日 2006年6月29日

 


posted by PSP萌え at 15:29| Comment(1) | TrackBack(2) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP本体とソフトがセットになった生産限定モデル

 

PSP本体とソフトがセットになった生産限定モデル
「PSP LocoRoco 得得パック」登場!


本体とPSP用ソフトを個別に購入するよりもお得な価格に設定されている「PSP LocoRoco 得得パック」。パッケージには、『LocoRoco』のかわいらしく、 親しみやすいデザインが採用されている。

 SCEは、PSP本体とPSP用ソフト『LocoRoco(ロコロコ)』を同梱した生産限定モデル「PSP LocoRoco 得得パック」を7月13日に発売する。価格は24,800円(税込)。

 「PSP LocoRoco 得得パック」は、ブラックカラーのPSPを同梱したパック(型番:PSPJ-10002) と、セラミック・ホワイトカラーのPSPを同梱したパック(型番:PSPJ-10003)の2種類。 いずれもPSP本体とPSP用ソフト『LocoRoco』、「メモリースティック デュオ(32MB)」、ACアダプター、 バッテリーパックのセットとなっており、 商品パッケージにはゲームの世界観をイメージしたオリジナルデザインが採用されている。

 また、同日には関連グッズとして「LocoRoco PSP用ポーチ(型番:SCZM-92031)」も発売。 ポーチの表面には、ゲーム登場キャラクター“ロコロコ” とフラワー柄をモチーフとした非常にかわいらしい絵柄が描かれている。ポーチ内部にはポケット2つが備えられており、 PSP本体やUMDなどをまとめて収納することが可能だ。この商品の価格は1,575円(税込)。

 『LocoRoco』は、プレイヤーが“惑星”となって地面を傾け、不思議な生物“ロコロコ”たちを転がしたり、 弾いたりしながらゴールに導いていくという新感覚アクションゲーム。 LボタンとRボタンによるシンプルかつわかりやすい操作性で、年齢性別を問わずに誰でも気軽に楽しめるゲームとなっている。

「PSP LocoRoco 得得パック」(SPブラック PSPJ-10002/PSPセラミック・ホワイト PSPJ-10003)
■メーカー:SCE
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2006年7月13日
■価格:24,800(税込)
■同梱内容:PSP(ブラック/セラミックホワイト)、PSP用ソフト『LocoRoco』、「メモリースティック デュオ(32MB)」、ACアダプター、バッテリーパック

「LocoRoco PSP用ポーチ」(SCZM−92031)
■メーカー:SCE
■対応機種:PSP
■発売日:2006年7月13日
■価格:1,575(税込)

『LocoRoco(ロコロコ)』
■メーカー:SCE
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2006年7月13日
■価格:5,040円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:5,040円(税込)
※Amazonの販売価格:4,284円(税込)
※TSUTAYA onlineの販売価格:4,536円(税込)

■『LocoRoco』の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン
Amazon
TSUTAYA online


■関連サイト
『LocoRoco』 公式サイト
PlayStation.com
SCE

 


posted by PSP萌え at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界最高峰のモータースポーツ“MotoGP(モトジーピー)”がついにPSPで登場!

2000年10月にシリーズ1作目となるPS2『MotoGP』を発売以来、2005年9月までに、PS2で合計4作品をリリース。 そしてシリーズ5作品目にして携帯ゲーム機初登場となる本作は、『MotoGP』シリーズのこだわりである「写実主義」はそのままに、 PSPのワイヤレスLAN機能を生かした最大8プレイヤーによる対戦機能を搭載している。
 PSPだから実現できた、圧倒的迫力のグラフィックとサウンドで、『MotoGP』の世界をいつでもどこでも体感しよう!

■本作の特徴
●徹底追求されたリアルな写実表現。“MotoGP”の世界がいつも傍らに
 『MotoGP』シリーズは世界各地のサーキットで綿密な取材を行い、全ての面において 「本物」の再現を徹底追及。そのこだわりは本作も踏襲、携帯ゲーム機の枠を越えたビジュアルクオリティで、 本物のサーキットの雰囲気をいつでもどこでも味わうことが可能だ。例えば、グランプリのレース場に携帯して、 レースの合間にプレイするといった楽しみ方も!
●通信対戦が熱い! なんと最大8プレイヤーでの通信対戦が可能に
 PSPの無線LAN機能により、対戦モードは大幅進化。 なんと最大8プレイヤーでの通信対戦が可能となった。親切機能のブレーキアシストやハンディキャップの設定により、 実力に差がある相手との対戦でも安心。7人、8人と多人数集まれば、白熱のレースが展開されること間違い無し!
●サーキットはファンから人気高い8コースを収録!
 2005年度グランプリ開催サーキットの中から、「ヘレス(スペイン)」「エストリル(ポルトガル)」など、 有名で人気高い8コースを収録。全てのサーキットにおいてコース上を測量し、本物を極限まで忠実に再現している。
●おなじみのライダー・マシンが多数登場!
 05年度のMotoGPクラスで通年参加し活躍した、すべてのライダー・バイクを収録!  さらにそれだけではなく、1戦しか走らなかった代走選手に至るまで収録し、その数なんと総計32名。 MotoGPクラスの再現度は、シリーズ最高といえるだろう。それに加えて、 V.ロッシが05年度のアメリカGPでのみ使った特別カラーリング仕様なども収録し、マニア垂涎の仕上がりとなっている。



タイトル MotoGP(モトジーピー)
対応機種 プレイステーション・ポータブル
ジャンル バイクレ−ス
メーカー バンダイナムコゲ−ムス
価 格 ¥5,040(税込)
発売日 2006年8月24日予定

 


posted by PSP萌え at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー、4GBのメモリースティックPRO デュオ『MSX-M4GS』を発売

ソニーマーケティング(株)は27日、小型のメモリーカード“メモリースティックPRO デュオ”の新製品として、 容量を4GBに増やした『MSX-M4GS』を発表した。8月上旬に発売する。価格はオープン。

『MSX-M4GS』
『MSX-M4GS』

『MSX-M4GS』は、著作権保護技術“マジックゲート”に対応した4GBのメモリーカード。 楽曲なら約2000曲(64kbps/ATRAC3plus/1曲4分)、デジタル一眼レフカメラ『α100』 の写真なら255枚(1020万画素/RAW)、PlayStation Portable(PSP)で再生可能な動画なら約9時間(MPEG-4 AVC/QVGA/768kbps)の記録が可能。 容量は4GBだが、システムファイル領域が含まれるため、ユーザーが利用できる容量は約3.66GBとなる。動作保証温度は− 25〜+85度。

 


posted by PSP萌え at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSPと相性抜群のメモリースティック専用レコーダー

「MSVR-A10」はテレビ番組などの動画を、メモリースティックに録画する「メモリースティックレコーダー」だ。 録画形式はMPEG-4 AVCで、高い圧縮率を誇る動画コーデック、H.264を採用している。従来のMPEG-4形式に比べ、 画質を維持しながらデータを圧縮できるので、小さな画面でも見やすい動画が作成できる。

本体フロント。横幅215mmのコンパクトボディ。重量も530gと軽量だ

 本機が対応する動画フォーマットは、別名「メモリースティックビデオフォーマット」とも呼ばれており、携帯用ゲーム機 「プレイステーション・ポータブル」(以下PSP)での再生が可能だ。

入出力端子は映像、音声、S映像それぞれ2系統ずつ装備している

 同様の機能はHDD&DVDレコーダーの「スゴ録 RDR-AX75」が搭載しており、最新モデルの「スゴ録 RDZ-D97/D77」では、各種デジタル放送の番組をメモリースティックに記録できるようになっている。

 以前、同社から携帯情報端末のクリエ用に動画を作成する「PEGA-VR100K」という製品があったが、 こちらにはテレビチューナーが搭載されていたので単体でのテレビ録画も可能だった。しかし本機は“レコーダー”ではあるものの、 本体にはテレビチューナーが搭載されておらず単体での番組録画はできない。

録画に対応するのは、「メモリースティック デュオ(マジックゲート非対応)」、 「メモリースティック デュオ(マジックゲート対応)」、「マジックゲート メモリースティック デュオ」、「メモリースティック PRO デュオ (デジタル放送録画に対応)」の4種類

 番組録画は外部入力端子にレコーダーやテレビチューナーを接続して、それをMPEG-4 AVC形式に変換してメモリースティックに録画する。メモリースティック PRO デュオを使ったときに限り、 RDZ-D97などのようにデジタル放送の記録が可能だ。


posted by PSP萌え at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スペクトラル VS ジェネレーション』 手軽に熱いバトルが楽しめる!

ドリームマッチが手の平サイズに!

 

 2006年4月にプレイステーション2へ移植されたアーケードの人気対戦格闘ゲームがPSPに登場。 本作にはアイディアファクトリーのゲームから厳選されたキャラクターたちが参戦。PSP版では、通信機能を使っていつでも対戦が可能だ。 夢の共演がいま幕を開けるッ!

 

 

 

●アーケード版にはない新要素をおさらい

 

 アーケード版にはない新システムやモードを紹介しよう。まず新モードのサバイバルモード。このモードは、 1本の体力ゲージでCPUが操作するキャラクターを相手に勝ち抜いていくというもの。ステージクリアーごとに体力ゲージが少量回復し、 勝ち抜き数に応じて敵が強くなっていくぞ。つぎに新システム爆炎覚醒は、画面下のエナジーゲージが一定時間MAX状態となり、そのあいだ、 あらゆるゲージ消費技を無限に使えるというものだ。発動時のゲージのストック数によって持続時間が変わるぞ。 また防御力の上昇や通常の攻撃で相手のガードを崩せるといった効果も追加されている。 そして剣魔連斬は、 各キャラクターごとに使用できる多段ヒットするコンボ技。コマンド入力で発動後、10数回の連続攻撃をくり出すのだ。

 


posted by PSP萌え at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP『エースコンバット X スカイズ・オブ・デセプション』

『エースコンバット X』はフライトシューティングゲーム『エースコンバット』シリーズの最新作で、 シリーズならではの大空を舞い敵と熱いドッグファイトを繰り広げる爽快感やフリーミッション、ストーリー性などのボリュームはそのままに、 シリーズ初となる“Strategic AI System”の搭載や、4人までのワイヤレス対戦、 またオリジナル機のチューンアップなどの要素を加え“自分だけの熱いエースパイロット体験” をいつでもどこでも楽しむことができる内容となっている。

 続報となる今回は、最大4人まで参加可能な“マルチプレイモード”を紹介。さらに、本作のオリジナル機体も紹介するので、 併せてチェックしてほしい。

■マルチプレイモードの紹介
 『エースコンバット X』には、『エースコンバット』シリーズ初の1人1画面・ 最大4人までの同時プレイを可能にしたマルチプレイモードが搭載される。 多彩なルールとプレイヤーが自由に設定できる多数の条件設定により、初心者からエースプレイヤーまで、 同じ人とでも何度でも熱い対戦が楽しめるようになっている。
 プレイヤーが設定可能な条件は、「チーム戦・バトルロイヤルの選択」「MAP選択」「制限時間」など、 対戦ルールと組み合わせるとその数50以上。新たな局面が何度でも現れるようになっている。対戦ルールは、 ほかのプレイヤーたちとの正面対決を楽しむもっともシンプルな通常対戦ルール以外に、以下の4つのルールがある。
●基地攻撃戦
 2つのチームに分かれ、互いの基地攻略を競い合うルール。 基地は周囲の防御施設と航空戦力により硬く守られており、攻略は一筋縄ではいかない。また、 敵の基地攻略にばかり気を取られていると、自分の基地が危機に陥ることも。 戦域全体の戦況を確認しながら戦うハイレベルなエースの能力が問われるだろう。チームの仲間同士で攻撃・防衛と任務を分けるか?  それとも攻略に専念するか? チームバトルの醍醐味が味わえるのだ。
●制空戦
 照明によって囲まれた限定空間を飛び続ける時間を競うルール。 夜の空に美しく輝く光の空間を目指せ! 長時間この空間に存在し続けられれば、ポイントがアップする。だが、 狭い空間での戦いは、容易に混戦状態を生み出す。限定空間を巡る戦いが敵プレイヤーとの接触を高め、高密度な 戦いへと発展させる。 空中のリングで戦いの舞いを踊れ!
●データビーコン争奪戦
 敵基地のビーコンを奪取して自分の基地に持ち運ぶルール。 2つのチームに分かれ争奪戦を繰り広げよう。敵チームよりもより早く自分の基地へビーコンを運びこんだチームが勝利する。だが、 ビーコンを所持している機体は機動性が落ち、敵に狙われ やすくなることにも。 いざというときはビーコンを手放し、 反撃に転じることも可能だ。とっさの判断が、勝利をもたらすだろう。また、チームプレイならではの役割分担により、 戦略はプレイヤー 次第で膨らんでいく。敵のビーコンを奪取したら、全速力で自分の基地を目指そう!
●護衛戦
【海上での艦隊護衛戦 】
【 地上での陸上部隊護衛戦】
 2つのチームに別れ、進軍する味方部隊を守り、より多くの味方をより早く、 敵基地に到達させるルール。 味方を守るだけでなく、敵軍を殲滅することも可能だ。対空能力重視でライバルを撃墜し、 味方部隊を護りぬくか? それとも対地能力重視で敵地上部隊を殲滅させ、その進攻を阻むか?  機体の選択も重要なポイントになるだろう。また、地上と海上という2つのシチュエーションが選べるので、 同じルールで違った遊びが楽しめるのも特徴の1つだ。


■ 『エースコンバット X』だけのオリジナル機体が登場!
 本作にはまったく新しいオリジナル機体が多数登場する。その一部を初公開。 今回のオリジナル機体はおまけ的な要素ではなく、ゲームを進める途中で手に入れることができる。 また『ACE2』 以来10年ぶりとなる「XFA-27」もファンの熱い期待を受けて復活!!
  さらに、これらのオリジナル機体はすべてプレイヤーが自分の好みに合わせて“カスタマイズ”が可能。 詳細は次回以降を待ってほしい。
●XFA-24A Apalis
 「戦場を選ばない、高い汎用性」という実戦的な コンセプトのもとに設計された多目的機。 燃費のよいエンジンや、 カナード付ダブルデルタ翼という機体構成の結果として得られた大きめの最大 積載量など、 さまざまな点でミッションを選ばずに使用することができる柔軟性を持つ。 全体的に限界性能よりも信頼性を重視した結果、 一般的な部品が数多く使用されている。 このためどのような戦場に投入されても部品調達や整備に不自由しないというメリットがあり、また、その 結果として比較的安価に納まっている機体コストも見逃せないポイントである。 性能的に突出した部分はないものの、 3次元可変ノズル機構を採用したことにより必要充分な格闘戦能力を備えており、トータルバランスに優れた機体に仕上がっている。
●XFA-27
 『ACE2』において“究極の 戦闘機”として登場した「XFA-27」が、 本作で甦る。『ACE2』をプレイしたことのある人なら、あの圧倒的な性能を良く覚えていることだろう。 機首周りの繊細なフォルムと相反するように、 エンジン近くに取り付けられた4枚の水平尾翼により後方からの印象が重厚なものとなっているのが特長。
  また、F-14を彷彿とさせる可変翼が、高速飛行時に 閉じるとより先鋭的なフォルムの印象が増すようになっている。 今回はミリタリーテイストを意識したカラーリングと なっているが、ACE2登場時のカラーリングもある のだろうか? また、 なくてはならないXFA-27だけが持つあの機能もカスタマイズ次第で搭載可能になる!?


■ 『エースコンバット X』でも無線は健在だ!
 『エースコンバット』シリーズを通して好評の「無線」は本作でも健在。戦況の変化や、 戦いの渦中にある兵士たちの声など、多彩な無線内容が臨場感を盛り上げ、世界を彩っている。 今回は音声こそ英語のみとなっているが、字幕は7カ国語を搭載する予定。これによりマルチプレイヤーモードでは、 外国のプレイヤーともスムーズに対戦ができるようになっている。外国人の友達がいる人はぜひチェックしてほしい。
●字幕対応言語(予定): 日本語/英語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/スペイン語/ハングル



タイトル エースコンバット X スカイズ・オブ・デセプション
対応機種 プレイステーション・ポータブル
メーカー バンダイナムコゲームス
ジャンル フライトシューティング
価 格 未定
発売日 2006年秋予定

 


posted by PSP萌え at 15:15| Comment(1) | TrackBack(2) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

So-netが全64試合をPSP向けに動画配信

6月9日(日本時間では6月10日午前1時)、ドイツ対コスタリカ戦で開幕するW杯ドイツ大会。 開幕前から各国の戦力分析や日本代表の動向が気になって、 毎日スポーツニュースや新聞を食い入るように見てしまうお父さん方も多いことだろう。

 W杯は約1カ月の長丁場。試合数は予選から決勝まで全64試合もある。 日本戦や強豪国の試合なら最初から最後までじっくり観たいところだが、予選の試合をすべてチェックするのはまず無理だ。試合は日本時間の夜、 それも遅い時間帯に集中する。この試合もあの試合も……と片っ端から観ようものならすぐに寝不足になってしまうだろう。とはいえ観たい! という欲望にはなかなか勝てないもの。今回、そんな欲望に応えてくれる動画配信サービスが登場した。

 W杯のハイライト映像を動画配信するのはソニーコミュニケーションネットワーク(以下、So-net)。運営する動画配信サイト 「Portable TV」(以下、P-TV)で、全64試合を1試合あたり最大4分に編集して提供する。4分の映像には、 1シーン20秒のハイライト場面が最大12シーンまで収められる。配信する映像は試合のハイライト場面に加え、 注目選手にスポットを当てて編集したもの、ベストゴール集なども提供。W杯期間中に100本以上の映像を公開していくという。なお、 W杯ドイツ大会の映像は有料コンテンツとなる。料金は月額パック(1カ月525円)、または件数課金(1コンテンツ105円)の2タイプ。 購入した動画は最大90日間視聴できる。

 

P-TVの公式サイト (http://www.p-tv.jp/)。スポーツやアニメ、 お笑い番組まで多数のコンテンツを販売している So-netの 「こんてんつコース」はどのプロバイダーを使っていても加入できる無料のコース(https://www.sec.so-net.ne.jp/cc/)。 ただし加入時にクレジットカード番号などの登録が必要になる

 


視聴はPSPで! いつでもどこででもW杯を観られる!

 

 P-TVの特徴は動画を視聴する方法にある。動画配信サービスというと、パソコンで視聴するか、 専用端末を経由してテレビで観るのが主流。しかしP-TVは独自の配信方法でソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機 「プレイステーション・ポータブル」(以下、PSP)に画像を転送する。つまり動画をファイルとしてダウンロードできるわけだ。

 PSPに保存した動画はいつでもどこでも再生できる。通勤、通学中の電車内でも、ベッドに寝ころびながらでも視聴できる。 インターネット環境という場所に左右されないというのが最大のメリットだ。

 現在P-TVでは、日本のベスト16進出で沸いたW杯日韓大会のハイライト映像、31本を配信中。こちらは無料で視聴できる。 ダウンロード時に必要なのはSo-net IDのみだ。So-net IDを持っていない人は無料のコンテンツ会員に登録すればダウンロードできる。

 気になるハイライト映像の公開時間だが、So-netの広報担当者によると「試合終了後、何時間で公開できるかは断言できませんが、 できるだけ速やかに公開できるよう準備を進めています」という。昨晩の試合を、毎朝PSPにダウンロードして持ち出せる……。 W杯の満喫できる動画配信サービスをぜひとも提供してもらいたい。(原 如宏)

 

P-TVへ直接PSPから簡単にアクセスできるリンクメニュー。最新ファームVer2.71で追加された W杯ドイツ大会の映像配信は6月10日から。 P-TVには6月9日の開幕を前にW杯ドイツ大会専用のダウンロードページがお目見えした

 

 

P-TVから動画をダウンロードする方法は2種類。パソコンとPSPをUSB接続するか、 PSPから直接P-TVにアクセスするか。自宅に無線LAN環境があるなら後者の方がラクだ

 

■関連情報
・P-TVのWebサイト http://www.p-tv.jp/

 


posted by PSP萌え at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP「メジャーリーグベースボール 2K6」

株式会社スパイクは、プレイステーション 2/PSP/Xbox 360用野球ゲーム「メジャーリーグベースボール 2K6」 を7月27日に発売する。価格はPS2/Xbox 360版が7,140円、PSP版が5,040円。

 「メジャーリーグベースボール 2K6」は、2006年度のメジャーリーグを再現した野球ゲーム。MLBから公認を受け、 リーグ参加全30チームの選手が全て実名で登場する。そのほかオールスターチームや、各年代の名チームなど、14チームを追加で搭載。 球場も新旧合わせて37球場を搭載している。

 さらに本作は、WORLD BASEBALL CLASSIC(WBC)モードを搭載。 3月に行なわれたWBCをシミュレートしたもので、各国・地域代表の全16チームを使用できる。収録選手も、 イチローや大塚などのメジャーリーガーだけでなく、上原や松阪など、こちらも全ての選手が実名で登場する。

 ゲームモードは、好きな組み合わせで対戦できる「PLAY BALL」を始め、1シーズンを戦い抜く「SEASON」や、 球団オーナーとなって選手やコーチを管理しながら優勝を目指す「FRANCHISE」など、9種類のモードを搭載する。

【スクリーンショット(Xbox 360)】
【スクリーンショット(PS2)】
リアリティを追求したグラフィックスも本作の見所のひとつ。 選手のフォームや癖、仕草まで再現し、多彩なカメラワークで演出するという

 


posted by PSP萌え at 15:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする